組織マネージメント

組織はマネージャー自身の問題よりも、以下のような会社組織そのものに起因する問題が重要なファクターを占めています。

『基準/ルールの適正化と公開/キャリアパス/体制/権限/育成/イノベーション/マネージャー/情報の共有化/サポート/etc.』

また、プロジェクトマネージメントと比較しても、

●プロジェクトは有期的(しかも短期)であるが、組織は異なる

●プロジェクトはコスト、リスクなどの明確な指標でステークホルダーと交渉/調整可能であるが、組織は異なる

というような違いも考慮した対策が必要になります。

経営層などの上位マネージメントから見た場合は、その部門の一辺(業績数字、社員の表向きの顔、など)しか見えない為に問題の根本原因を捉えていない場合があります。

それは経営者の能力の問題ではなく、ヒエラルキーの内側にいる場合、個々が問題を問題と感じなくなっていたり、問題とわかっていても公にすることにデメリットを感じていることは多々ありえます。

従って、ヒエラルキーの外側にいて問題をつまびらかにすることがそのミッションであるコンサルタントに依頼する価値があるのです。